そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

同じ事を思う人が居る感動。

休日は、CATVの音楽チャンネルを垂れ流し。
BGMみたいに、聞くともなしに聞いてます。
KAT-TUNとかGacktとか興味あるPVはガン見だけどね。


で、今日も垂れ流していたら耳に飛び込んできたフレーズがあって。


私が以前、綴ったコトバと同じ事が、歌われてた。


もちろん、一言一句が同じ訳じゃないけれど
意味するトコロ・云いたい事は同じだと思う。


自分がかつて綴ったコトバを思い出し、
そのコトバを贈りたかった大切な人を想い出し、
涙が溢れて止まらなくなった。


毎年あの季節が近付くと、何かしらの【鍵】が与えられる。
その【鍵】は、風景だったり歌だったり色々だけど、
いずれにせよ彼の事をハッキリと意識的に意識する為の【鍵】。
普段は思い出す事さえ無いくらい想っている彼と向き合う為の、【鍵】。
泣こうが喚こうが、これが現実だと改めて知らされるから、ホントは使いたくない。
でも毎年そうやって【鍵】で傷口を縫い直さないと、
いつまで経っても傷は膿むばかりだから。



たとえ彼の事を知らなくとも、
考え方のベクトルが同じような方向を向いてるなら
それはそれでとても嬉しいと思えるから。



以下、私の綴ったコトバを置いておきます。


**********

【ワタシが生きる今日は、彼が欲した未来】


ワタシが生きる今日は、彼が欲した未来。

ワタシは「今」を生きるけれど
彼は「未来」が欲しかった。
彼の「未来」は、ワタシの「今」。

「明日」を迎えられず
「今」を生きることが叶わなくなってしまった。
彼の「未来」は、どんな色だったのだろう。

(初出:2005.04.17)

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

逆チョコ。

甥っ子(2歳児)からチョコ貰いました。
まぁ、彼の母親(私の妹)が持たせた訳ですが。


私自身はバレンタインイベントとは無縁の一日でした。





…さみしくなんかないやい…
日々の彼是。 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。