そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

春。

今後 私は、
桜を見ては、鈴鹿での開幕戦を思い出し、
菜の花を見ては、貴方が長く苦しい最後のレースを
一人で戦ったことを思い出し。
そして、それらの花びらが風に舞い散る様を見ては、
貴方が私たちの前から永遠に走り去ってしまったということを
改めて心に刻むのでしょう。
そして、毎年4月にひとつずつ、
確実に貴方と年齢が離れてゆくこの身を恨めしく思い、
もてあましながら生きてゆくのかもしれません。

春。
なにもかもが終わり、そして始まる時。

私も、何かに終わりを告げ、そして何かを始めねばならないのです。

ただ、今は、まだ終わりを告げることができない…

だから、始まることもできない……

アンモナイトの殻に閉じこもり、螺旋の時をぐるぐるぐるぐる…

堂々巡りを繰り返し、そしてまた、春がやってくるのか……




03年04月22日作成。

毎年、この季節はこんな事を思うのです。
スポンサーサイト

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

駄文。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<我が眠り、揺るがすことなかれ。 | HOME | 夏に浮かぶ桜花>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。