FC2ブログ

そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

T.M.Revolution Live Revolution'06 @大阪城ホール②

ライヴ本編。
セトリ…間違ってるかもしれません。
MCも、「確かこんな感じの事を云ってた」という、
至極曖昧なオイラの記憶によって綴ってあります。。


まだ書き終わってません…。
(8/29時点)


とりあえず完了(?)いたしました。
追記したのは、チェイス以降の部分です。(8/30時点)




いつも以上に気合入ったターボコール。 SEが途切れ、暗転。

HIGH PRESSURE
・OPは、ツアーと同じ始まり方(お爺さん・子供の会話ナレーション)で、
ター坊の登場もセンターからポップアップで変更なし。
っしゃあぁッーーー!!!! イクぜえェーーーー(>▽<)!

LEVEL4
・あはははは!!! ちょー懐かしいよ!
てか、『ハーレムを作りたいとか~そーいや今も思ってたっけな♪』てアンタ(笑)!
(正しい歌詞は『そーいや昔思ってたっけな』)

魔弾


Web Of Night


Albireo
・これは確かツアー時には入ってなかったんだよね??

Zips
・…すんません、初っ端から飛ばしすぎて、この時点で既に脚グダグダ…。
次のバラードゾーンが無かったら完全に死んでた。。

夢の雫
・…?? 出だしが『アレ?』て感じに思えたのはオイラの気の所為か?
衣装の袖フリルの陰が、上手側スタンドの壁に映る。
最近、良席でなくても自分なりに楽しみ方を見つけられるようになった。
ライティングによって壁に映し出される影を見るのも綺麗だし楽しいw

AQUALOVERS
・出だしの掠れた声が堪らなく婀娜めいて。
昔は荒削りなトコが色っぽくもあったんだけど、最近は艶っぽいよね、声。

vestige
・…この時点で泣きそうになるオイラ。 気が早すぎ。

THUNDERBIRD
・菅野ようこさんて、オイラは失礼ながら御名前も知らなかったんだけど、
生ピアノはイイねェ~w アレンジも好みだった。
ピアノを下手側にセッティングしてあったので、ター坊は上手側から登場。
この時、もふもふっとしたマントとティアラなんぞ着けてるんだけど
マントの下は……例のホットパンツだ~!
発表当時から大好きな曲の1つなんだけど、二人が息を合わせての演奏は
当たり前っちゃー当たり前だが最ッ高でした。 

臍淑女-ヴィーナス-
・ここからダンサーズ(女性6人?)登場。
フルでは歌わなかった…よね?

HOTLIMIT
・予想通り(笑)『大阪的にもオールオッケー♪』でした~w
久しぶりに踊るぞ、コレw でも身体に染み付いてるらしく直ぐに反応。

WILD RUSH
・や、あの、コレも懐かしくてですね。
サルサルダンスも身体が勝手に~(笑)!

HEAT CAPACITY
…た、助けて…このセトリ、マジでヤバイ。
えェと、03バージョン??

WHITE BREATH


夢幻の弧光
・この音源、持ってないんだよなぁ。 でも大好き。

ignited


LOVE SAVER
…死ぬから。 マジで。

CHASE/THE THRILL
…もういーよ。
アンタに殺されんなら本望だよ…。

死んで堪るか!な勢いで喰らい付いていく。
キャノン砲で銀テが飛んだ~けどスタンドにゃまるきり関係無いしさ。
プラコップの水をガンガン投げてブチまける。
その水に足を取られて転んだ!! 
しかも「つるん・ぽて」みたいにコンパクトにコケたw
オンナノコ座りな状態で歌い、次に寝そべって、
更に片膝立てて腰を…カクカクw
この時、スクリーンには妖しい動きの股間がどど~ん!と写ってました。
カメラマン、ナイスですよ!
そして上体を起こして横座りのまま歌ってたw


<<MC>>
ツアTは赤でした。
マイクの前に立つも、感極まってか声が出せず。
腕で泪をごしごし拭うような仕草を繰り返す。
流石第二の地元、コテコテの関西弁でMC。

大阪城ホールの話。
・なんでココか? 滋賀から大阪に出てきて、ここ(大阪)で育ててもらった。
大阪を出てから15年にもなるんや~。
ツアーラストだし大きい場所は他にもあるけど、ここじゃなきゃあかんかった。

10代の頃、ココに外タレのライヴとか見に来てて
なんでお前らがソコ(客席を指差す)で、オレがココ(ステージを指差す)やねん!と、
悔しくて仕方なかった。(当時の、客席に居る自分からの視点でしょうね)
オレも絶対ココでやったる決めてた。 
(大阪を)出てった時、大阪ドームなんて無かったからね!
だから、ココやねん。
今日ココに入りきれへんかった奴にはホント申し訳ない!
申し訳ないけど、でもココがオレの原点やから…。


前日に参加していたエイネの話。
・他所様のイベントに出てた訳ですが…
今年で3年連続出させてもろてるけど、サプライズアーティストとかクレジットされとっても
もう誰も驚かへんし! ナニをもってしてサプライズやっちゅー話。
見とるヤツらも『あ~コイツね』みたいな感じで見とるし。
前の方のヤツなんか、こぉ~んなして写メ撮りまくる。
(右腕を斜め上方へ上げて写メる仕草)
一体感、皆で何かを創り上げてる感じが感じられない。
だから此処にこうして立ってると、ウチとこのファンが最高だと思うわけ!
しかし他社なだけに、なんちゅーかこう、外様状態?
お弁当も肉なんて食えへんし。 菜ッ葉ばっかり!!
皿、真緑。 ドレッシングもかけられへん。
けど野菜を一番食べてたのはスナオさん。 なんでか? 
腸が長いからw 繊維質もよぉ消化できるw


Twinkle Million Rendezvous
・途中、ター坊の声が途切れて、もしや…泣いてる?とか思いましたが、
むしろ客席からの声を全身で受け止めてた、そんな感じ。
この10年、オイラ自身にも色々あったなぁ…。
ター坊にも色々あったよねェ……。
此処で涙腺のストッパーはブッ壊れましたですハイ。


本編が終了。 暗転。


<<MC>>
先程の赤Tにツアーグッズのパーカーを羽織って登場。
…パーカーのフードにウサギ耳なんて付いてたら、
そのまま拉致って帰りたいくらいに凶悪可愛かったッス。

来月の919USJイベントの話。
・あんなぁ、来月なぁ、USJあるやん? 
準備とかやってんけど…しんどいわー。 もう…憂鬱やわー…。
(パーカーの袖をもじもじ弄る。 …かわエエw)
もうこんな歳でネバーランド入れんねやろか…心配やわ。
けどFCツアー以外の人たちにも楽しんでもらえるよう、
おっきいスクリーンとか立ててもらったりするし。

・もぅ何も云うこと無い。 だってオレとお前らには『絆』があるんだから。
『さくら~ふぶ~きの~~』
(24時間TVの歌をちょろっと歌うと、客席が手を左右に振り出したw)
やめやめ!! こんなん歌わん。
もうはよいこ! (ギターを抱える。)


BOARDING
・もうマジ泣きに等しかった…。

BLACK OR WHITE? vesion3
・泣きながらも懐かしくて、大合唱。


<<MC>>
曖昧な記憶ですが…。
・もうお前ら、一緒に居ったほうがエエよ。
この先どうなっていくのか不安もあるけど、一度繋いだ手は離せない訳で。
そうやろ!?


Out Of Orbit
・まだまだ泪が止まらないオイラ。

SHAKIN' LOVE
・久しぶりのこの曲も、振り(?)は身体から湧き出して。
でも昔よりもテンポ遅くないか??

LIGHT MY FIRE
・天井に取り付けられていた白い風船が、ふぁ~っと客席に舞い落ちてきた。
…銀テに続いてスタンド席には関係無し。
スクリーンには観客の顔も映されて。
ライマイラストのお決まり、『しゃがんでジャンプ!』の時に
ステージ上でしゃがんだター坊の口元に風船が近付いてきて、
それを「…? …ッ!」みたいな感じで ぺぃッ、ぺぃッと振り払ってたのが
なんとも可笑しくて可愛かったw

<<メンバー紹介>>
サポメン紹介の後に、菅野ようこさん。
ター坊と手を取って、膝をついて御挨拶。 姫君?
ダンサーズも一人ずつ名前を呼んであげてました。
呼び出すときに「ツアー最初から入れときゃよかったw」なんて云って。
ダンサーさん最初の3人くらいは、スカートの裾をつまんで
軽くお辞儀程度だったんだけど~。
後の方になるにつれダンサーさんのアピールが激しく(笑)!
くるくるくるっとターンしながら登場したり、
最後の人は開脚ジャンプだった! スゲエ!!
「…ハイ、ええ、もうね、自分の好みで選びましたw」だって(笑)。

メンバー紹介時、各メンバーに対して拍手を送るんですが、
「そして、各地で会場を作ってくれた沢山のスタッフにも御手を拝借!」と
心配りを忘れないw

野郎チェックは完捌け直前に…「アカン、忘れとった」と。
「お前ら、年末待っとれよ!」

そして最後の最後。 ター坊一人になったとき。
「お前ら、USJ来いよ!!」って云われて…

思わず「はぁ~~い!!」と元気良く返事しちまっただ…orz

…無理です、解ってます(T△T)。
スポンサーサイト



テーマ:T.M.Revolution・西川貴教 - ジャンル:音楽

音楽。 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<アチコチ痛くて。 | HOME | T.M.Revolution Live Revolution'06 @大阪城ホール①>>

この記事のコメント

菜蒼さん、私も武道館ライヴが甦って、興奮しながら読ませて頂きました!
お爺さん・子供の会話ナレーション・・・娘は二度聞いたので暗記していて時々語っては笑っています。
菜蒼さんは、大阪ご出身だったのですね。
年甲斐もなく私も赤のツアーT来て行きました。(娘は黒T)
貴教も同じT着てて嬉しかったです。
それにしてもあの美しい背中が忘れられません。。。ぷぷっ
2006-09-03 Sun 09:04 | URL | ターシャ #lMBqkpAs[ 編集]
えぇ、言ってますねぇ(^^;
間違えなく、文字として残ってますねー。
…あ、訂正不可能?あらら~

じゃなくって!本気にしてくださぁい☆
マジです、マジ♪
やっぱLIVEはテンション高い人と一緒に参加するのが楽しいもん!
ぶっ壊れてる人大歓迎!ヘドバン上等!でございます。うふっ☆

あ、貴教のLIVEを乱す発言する人とかは勘弁ですけど。
なので、訂正しませんよ(^^)v
受付ちゃった菜蒼さんの方が後悔したりして…(笑)

a.b.sデビュー!めっちゃ嬉しい☆
LIVE凄く楽しかったし格好良かったから、待ち望んでました!
早くLIVE~!!!(まだレコ始まったばっかりだよね…)
あのスタイル、可愛くて貴妃☆も好き♪
LIVEあったら同じスタイルしていきたい!
勿論、縁眼鏡で…(^^)
2006-08-31 Thu 21:53 | URL | 貴妃☆ #x6dSRjX2[ 編集]
云いましたね!? 貴妃☆さんッ?
『一緒にライヴ参戦』って、バッチリ聞こえたんスけどー!
いいんですか、いいんですね? 本気にしますよッ!?
もう訂正は受付拒否りますんで、ハイw

シェイキン、やっぱ遅かったですよね~!
私も飛びづらくて…テンポ上げてくれ(><)と思いました。
以前は最後の『Shakin'Love Shakin'Life』も、もっと長かったし。

腰カクw 勿論とってもセクスィ~でしたよw
M字と甲乙つけがたい感じだと思います。

ライヴ、早く行きたいですねェ(終わったばっかりだろ…)。
absは今年デビュー予定なウワサでしたっけ。
あの制服に眼鏡なスタイルも激ツボなんですよーぅ。
2006-08-31 Thu 00:28 | URL | 菜蒼(ナオ) #-[ 編集]
なるほどー。
それで野菜の話なのね!
他blogで見て、ん?だったので納得しました。
菜っ葉…SUNAOさんったら馬だからよく食べ(オイ)

確かに、サプライズじゃないわなー。
しかも所属アーより本数多いって有り得んし。

…写メ???
え、撮っていいの?ダメですよねー?
撮っていいなら、あの破廉恥王子衣装(笑)めちゃ撮りたかったのに…
(貴妃☆の場所からはどーせ何も映らないけど~)

シェイキン、確かに遅かった!
飛び辛い…とか思いましたよ。
しかも以前より疲れなくて、あれ?って

M字!!身体中で歓喜の悲鳴あげてました!
だって、背中ガバー開いてるあの衣装でーーーー?
うっひゃああああっ☆でした(笑)

腰カクカク、加藤茶ver???
えー、それは…。
でも、貴教がやれば絶対せくすぃー(*^^*)
見ぃーーーたぁーーいぃーーー!!

…すみません。テンションあがり過ぎました(^^;

貴妃☆も、是が非でもお逢いしたい!!でございます。
ってか一緒にLIVE参戦したい☆(…言っちゃった!!)

((((((((( ^^;)脱兎
2006-08-30 Wed 23:42 | URL | 貴妃☆ #x6dSRjX2[ 編集]
いやはや、なんとも拙いレポで申し訳ないっす。
もう本気でヤバいセトリでしたね! 
今後はライヴの為だけに体力増強を図ってもいい(笑)!

あの腰カクカク…w  激しくDVD化希望です。 M字と合わせて是が非でもッ(><)!
水でコケた偶然の産物かもしれませんが、今後のライヴで
定番化してくれないもんでしょうかねw
しかし加藤茶の「…チョッとだけよw アンタも好きねェ♪」とかを
思い浮かべてしまうのはオイラだけでしょうか(^^;)

今度は貴妃☆さんとも会場でお会いしたいもんです!!
2006-08-30 Wed 02:30 | URL | 菜蒼(ナオ) #-[ 編集]
お疲れさまでした♪
ヤバイって感じのセトリですよね?
貴教に殺されるなら本望…同じこと考えました。
きっと、みんな思ってるんだろうなー。

城ホ、かなり盛り上がったようで、
貴教も思わず…声詰まったとか?
くぅ~!羨ましいぞー、城ホ参加者!!

ハーレム作っちゃえ☆
お望みならすぐにでも出来るし(^^;

CHASEのオンナノコ座り…見たーーーーい!
もっと見たいのは、その後の…(笑)
頼む~!!!どっかでその映像見せてくれーーー!
USJツアーでもいいぞ。…ダメか?

…あ!想像で鼻血がぁ~。
ひとまず退散(笑)

続き、待ってます!
2006-08-29 Tue 22:49 | URL | 貴妃☆ #x6dSRjX2[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |