FC2ブログ

そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

出会うべくして出会う人たち。

出会うべくして出会ったんだ私たち。
最近そう思える人との出会いが多くなりました。
偶然なんかじゃなくって、運命なんて生易しいコトバじゃ足りない。

あえてコトバにするならば、やっぱり『絆』なのかな、と。


今から3年前の春、とてもとても好きだった人を亡くした。
会話どころか会った事さえ無い、遠い星のような存在の人。
その時にあいたココロの穴は今も塞がる事は無いし
もっともっと彼の事を知りたかったという思いは年々強くなってしまうけど
それでも彼を知り得た事については、一度も後悔してない。
彼の事なんて知らなければ…なんて思ったりした事は一度も無い。

彼の短い人生の中の、更に短い期間しか私は知らないけど、
それでもブラウン管や誌面を通して彼を見ていた時の私は
間違いなく『自分らしく輝いてた』と思う。
彼から勇気や希望や笑顔を分けてもらって、自分らしく生きられた。
世界で戦う彼はいつも、自分らしい戦いを追い求めてた。
だから私は私で頑張ればいいんだ、そう思えたんだよね。

だから、彼の死も、『受け入れられる』とまではいかないけれど
『ありがとう』とは思えたんだ。『生まれてきてくれて、ありがとう』って。
生まれてきてくれた、自分らしく生きてくれた、だから私は貴方に巡り会えた。
そうして私は、私らしく生きるという事に誇りを持てたんだ。

彼とは出会うべくして出会ったんだろうと、今は素直に思える。
この出会いが無ければ、その後(彼の事を通じて)知り合った人たちとの
素晴らしい出会いも当然生まれなかった訳で。
それを思えば彼には本当に感謝の言葉しか思い浮かばない。
人と人を繋ぐのって、難しいよね。
でも彼の事を好きな人って良い人ばかりなんだ、とても。
本当に本当に心の底から彼を愛していて、彼を愛する人をも愛せる、そんな人ばかり。


こんな出会い、そうそうあるもんじゃないと思ってた。
それに、もう、なくすのは嫌だった。 
だから出会いたくなんてない…そうも思ってた。
けど無理だったね。 やっぱり出会うべき人には出会ってしまうんだよ。
例えどんなに避ける素振りをしてみても、惹かれてしまうんだよね。
それはきっとやっぱり絆なんだろうと思う。
赤い糸の先って、必ずしも一人じゃないんじゃないかな。
変な意味じゃなくて…糸の先は彼方此方に枝分かれしてる気がする。
何処に向かって何処まで枝分かれしてるか解らないけど、
解らないのが人生であり出会いでもあるのかなぁなんて。


ぅん、なんだろうね、支離滅裂気味なんだけどさ。

とにかく。




赤い糸の先に居るキミたちと、
繋いだ手を離さずに、話をしたいんだ。 




ただ、それだけなんだよ。
スポンサーサイト



テーマ:T.M.Revolution・西川貴教 - ジャンル:音楽

音楽。 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<僕ラハ・同ジ・水デ・デキテル。 | HOME | 本家恵比寿HP>>

この記事のコメント

ですよねー。
喧嘩別れとか、思い出すと悲しくなることもあるけど
でも、それも一つの糸で、何かに繋がってるんだと思う。
今はまだ分からないし、傷も癒えてないけど…
いつかきっと、逢えて良かった!と思える日が来るよね?
そう思って生きてます。

今更かもしれませんが、トラバしますか?
こちらは全然OK!むしろ歓迎!
2006-09-14 Thu 03:16 | URL | 貴妃☆ #x6dSRjX2[ 編集]
…ハイ、実はトラックバックさせて頂こうかと最初は思ってたんですが
なんかちょっと暗め(?)になっちゃったので…。

でも本当に出会いって不思議ですよね。
人との出会いは嬉しかったり哀しかったり面白かったりするけど
その確率たるやトンデモないですもんね~!!
そして出会う時・場所・人、全部において無意味だったり
無駄だったりする事がない!

あ、そっか。
その出会いひとつひとつを積み重ねる為に今此処にいるのか。

だから生きてるのかー。  
2006-09-11 Mon 22:22 | URL | 菜蒼(ナオ) #-[ 編集]
もしかして…我がblogへのLINKでもあるのかな?
と思いながら読ませて戴きました。

うん。やっぱり出逢うべき人には出逢ってしまんだと思う。
だからこそ、別れもあるんだけれど…。
彼の事を好きな人って、今でも彼を思ってますよね?
生前の彼のことをを全然知らないけど、Fanを見ていると、
彼の人格がわかるような気がするな~って思ってました。

私達が出逢う人には、全てに意味があると思う。
だって、すごい確立で出逢えてるんだもの。
2006-09-11 Mon 21:02 | URL | 貴妃☆ #x6dSRjX2[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |