そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

綺羅。


海が、空の青を映して蒼いように。

 影が、陽射しを浴びて濃くなるように。

  貴方はワタシに、絶大なる影響を与え給うた。


太陽が無ければ昇らぬ月のように。

 水が無ければ咲かぬ花のように。

  ワタシは ただ只管、貴方を追い求めた。


ヒトはワタシを、

 オノレを持たぬサミシイオンナと

  嘲り蔑むだろう。


けれど。

 海が。

  影が。

   月が。

    花が。

他者に拠る己が身を

「サミシイものよ」と、嘆く時があるだらうか。


    否。

     否。


    花も

   月も

  影も

 海も

唯只管に。


「貴方の為に」と。

命を賭して綺羅めいている。



 
   

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

駄文。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<無題。 | HOME | ワタシが生きる今日は、彼が欲した未来。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。