そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

王の男。

そういえば、いつの間にか封切りされてたんですね『王の男』。
CM見て「あッ! 見に行かなきゃ!!」て思いました。
映画館に脚を運ぼうとまで思うのは久しぶりだなぁ。
なにしろ役者さんが好みなもんで(笑)。
公式サイトを見てみたけど、映像も美しい~。
紅を基調とした感じなのかな? とても素敵です。

男性芸人2人が政の柵に翻弄されて…というのは
なんだか『さらば、わが愛 覇王別姫』を彷彿とさせなくもないですが
でも『王の男』の2人はあくまでも幼馴染・親友らしい(?)。
ま、どっちでもイイですがwww

しかーし。 地元映画館でも公開してるんだけど…
その映画館が遠いんですーー(>△<)
伊勢崎と太田ってアンタ……。
いっそ新宿あたり出かけた方が楽しい気もするよ。


いずれにせよ、これは映画館で見てみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

日々の彼是。 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<大掃除しながら。 | HOME | 大掃除。>>

この記事のコメント

流石、然然さんですね、既にご存知だったとは。
韓国で爆発的人気だったという情報は得ていたんですが
日本での公開がいつになるのか…とヤキモキしとりましたw
イイ味出してる俳優さんもいらっしゃるし、
あの麗しい俳優さんも、演技も凄いらしいですし。
早く見に行きたい…。。。
ご一緒出来たら楽しそうですが、論文すっぽかしちゃマズイのでは~(笑)?
2006-12-30 Sat 22:24 | URL | 然然さんへ #-[ 編集]
「王の男」は韓国で半年以上の超ロングラン
中国でも今年の春に公開されていました。
主題歌「因縁(縁)」はゆったりとした良い曲で
女子十二楽坊もカバーしています。
5月頃、何で日本は公開しないのだろうと思いつつ
ハングルが読めないので、中文で解説を読んでました。
男3人の愛のもつれの物語だしなあ(^^;)
初め、あの美形の俳優さん、女性かと思ってました(汗)
この休みに見に行くつもりが、
さぼっていた論文を書かないといけないし。。。v-31
一緒に行けるなら、が~っとある程度まで仕上げちゃいますけど(笑)
2006-12-30 Sat 22:00 | URL | 然然 #kLCZl7R6[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

王の男王の男(おうのおとこ)は2005年の大韓民国の映画作品である。あらすじ原作は現代のキム・テワン原作の舞台劇「爾」(イ,「汝」の意)。16世紀の李氏朝鮮の …
2007-01-25 Thu 05:12 yuuhaのブログ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。