そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

姉妹でも違う人間だからね?

とある子の日記を読んで、思わずコメントしたくなっちゃったんだけど、
でも長くなりそうだし、そんなん迷惑極まりないだろうし
第一私なんぞのコメントはどう考えても不要だろうし…

でもでも、凄く伝えたいので、此処に書いておきます。






私には妹が居るけど、私とはまるっきり違う考え方だったり
私とは全然違う趣味を持ってたりします。
だから、当たり前だけど二人は違う人間なんだよね。
同じ親から生まれて同じ家に育ったけど、あくまで別個の人間だから。

貴女自身も云ってる事だけれど、彼女の今の年齢に貴女がなった時、
貴女にやる気が無くなってるなんて、どうして解るんだろうね?
貴女にはこんなに気力があって支えてくれる恋人も居るのに。
これから先、何が貴女に降り掛かるかなんて誰にも予想し得ないけど
確実に云えるのは、やる気なんて本人次第だって事でしょう?
彼女は彼女なりに頑張った結果、維持出来なかったのかもしれないけど、
でも貴女に今から「やる気なんて無くなる」と、どうして云えるんだろう。
別々の生き方を、別々の歩み方を、応援してはくれないのかな…。


それと、これは私の勘違いであって欲しいと切に願う事だけれど。
もしかして貴女の云う「どうしても治せない事」は、
私が以前同じように治したくても治せなかった事と同じかもしれない。
根拠なんて何も無い…ただ、「家を出れば治る」という一言が
あの当時私が思っていた「この職場を辞めれば治る」という気持ちと同じで。
決して死にたかった訳じゃないし、逃げたかった訳でもない。
ただ自分が自分で嫌で嫌でたまらなくって、
「どうして自分はこんな人間なんだ!?」と自分を如何にかしたくて
でも如何したらいいか解らなかったんだよね。で、半ば八つ当たり気味に。

あの時の上司の言葉が、今でも忘れられません。
このまま続けていく事は難しいと伝えた私に彼は
「会社を辞める事は逃げる事とイコールじゃないよ?
周囲の人間が『アイツは逃げた』と云っても、君自身が前向きになれるなら
それは決して『逃げ』なんかじゃないから」と。
その一言で私は、誰に何を云われても自分が前向きになれるなら
それが私の私なりの生き方なんだと思えたんだよ。

だから、貴女も、どうか前向きに。
誰に何を云われても、どんな逆風が吹こうとも、
自分自身で『こっち』だと決めた前方をしっかりと見据えて
腹を据えて掛かってください。

大丈夫、貴女は独りじゃないよ。
大丈夫、未来は自分で手繰り寄せる物。
どんなに遠く思えても、どんなに細く頼り無い糸でも、
慎重に手繰り寄せれば必ず手は届くから。




追伸。
本当に負けそうになるまで溜め込まない事!!
そんな悲しい事云わないで、吐ける愚痴は吐ける時に出しちゃわないと。
本当の本当に愚痴すら吐けなくなったらおしまいだから……。
きちんと聞いてくれる人は必ず居るよ?
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日々の彼是。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<恵比寿古代文明編、少しずつUP…。 | HOME | 祝 2000打!!  【別館】>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。