そして千年の恋がはじまる…(蒼の軌跡)

管理人:菜蒼の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あれは確かに【Last Run】だった。

でも、【Final Run】ではなかったんだ。







私が敬愛してやまないオートバイレーサー・加藤大治郎氏の、
ラストランとなったのが7年前の今日でした。
シーズン開幕戦、鈴鹿サーキットでの出来事は、
思い出せば今も涙が溢れてくる程に深い痛みを覚えます。

会ったことも無い人の死に対して、
どうしてここまでココロが揺さぶられるのか
その答えはまだ見付けられていません。

ただ、彼の走りを、笑顔を、ずっとずっと見ていたかった。
ただそれだけなんです。


この7年で、自分なりに理解し受け入れてきた現実。
決して彼を忘れたくてそうした訳ではなくて
自分は自分の生涯を精一杯生きて、人生のチェッカーフラッグを受けよう。
そう決めたからです。
だって彼はレーサーなのに、あの鈴鹿ではチェッカーを受けられなかった。
それはとても悔しかったんじゃないかな、と。
いつでも のほほん と穏やかな人だったけど、プロですから。
ましてやあんな終わり方、納得出来る筈もない。
そんな彼にまた会えた時の為に、彼に恥じない生き方をしようと思ったからです。

自分は自分なりに自分の人生を生ききる。

それが私なりの、彼への想いの消化方法。



でも、あれは確かに【Last Run】だったけれど、
【Final Run】では無かったんだ。
そう思わせる出来事がありました。

(辞書には、Lastが単に順序の終わりを示すのに対して
Finalは、それで完結することを強調する とあります)


本日発売の缶コーヒーボスDryに、バイクのオマケが付いてるようで
全部で6種類?15種類?あるらしいんですが
そのラインナップの中には、あの03年鈴鹿で彼が乗っていたマシンも
含まれているという話を聞きました。

46号車のバレンティーノ・ロッシのファンならば
彼のゼッケンと同じ日に発売だ~!と思うんでしょうけど
私としては矢張り、大ちゃんのラストランの日だなぁと。

某SNSでもこの話題でコミュが盛り上がったりしていて
今も大ちゃんのことを変わらず好きでいる人は沢山居るんだと
改めて彼の凄さをひしひしと感じているところです。



やっぱりまだ走ってるんだよ。

そう思ってしまうのは、私だけではないんだ。

なにしろ世界チャンピオンにもなった人ですよ?

私たちなんかが追いつけないスピードで、

きっとずっと先の方を走り続けているんです。

いつか追いつけるかな。


いつか追いつけたその時、なんて声掛けようかしら。と
そんな事を考えながら明日はコンビニをハシゴして
缶コーヒー大人買いしてきます。

スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

バイク。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最近?の作品? | HOME | コメントお返事。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。